テーマ:タイ

非常に中途半端ですが・・・

じゃっかんたち切れ状態にタイのネタはおしまい。 今回は旅行と言うより、友人宅に遊びに行ったというニュアンスが非常に高い旅行となりました。 タイに赴任している日本人と言うと、聞いていた話とイメージでもっとゴージャスなのを想像していた。 超豪華で綺麗なマンションに住んでいて、お手伝いさんがいる。 どこへ行くにも…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

チャオプラヤー川

観光と言うと、王宮・ワットポーへ行って来ました。 アクセスが結構便利なんで、街中に居ても自分で勝手にいけるのでいいと思います。 私達は、電車で最寄り駅まで行き船で川を上って行きました。 のぼっていく川はチャオプラヤー川。 学生時代、社会の授業で習ったぞぉぉぉ! 川は結構汚い 船から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑貨以外のお買い物

やはりスーパーでしょう。 現地のスーパーほど面白い買い物場所はない! お土産のお菓子を買うにしても、免税店でチョコなんかより一風変わったものがある可能性大。 あと、お手軽土産としてお勧めがインスタント食品・調味料やラーメンなど。。。 近場のスーパーって事で、日系スーパーとエンポリ内のスーパーに行ってきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勧めの雑貨屋さん③ chico

これもまた日本人オーナーのお店で、お家みたいなお店です。 やはり日本人の心をくすぐるのは、日本人のお店なんだろうか こちらにもCafeがあります。 ニアイコールのランチは、基本的にはタイ料理を日本風にアレンジらしいのですが(食べてないからわかんない)こちらのランチはコテコテの日本食です。 メニューに書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勧めの雑貨屋さん② Peace Store(ピースストア)

こちらも日本人オーナーのお店。 ニアイコールのスグ近くなので、ハシゴもいいと思います。 私が持っていたガイドブックにはお店は掲載されていませんでした。 ニアイコールと違って、お店屋さん って感じです。 品数はニアイコール程ありませんが、こちらもお洒落です。 レジには日本人の方(オーナーさん?)が居るので、品物の相談とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勧めの雑貨屋さん① Near Equal (ニア イコール )

日本人オーナーが経営する雑貨屋さん。1軒屋を改造してお店になっています。 道路から見えるのは、門に掛かっている小さい看板だけ。 その看板を目印に、ためらう事なくずんずん入っていくと、ガレージがあります。 その後ろがお店です。家っぽいんだけど、ためらわずズンズン行きましょう! 入り口はこんな感じ Cafeも併設さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイで雑貨を買うには

タイに行くからには、かわいいお店で雑貨を買いたい! って思う女性は多いと思います。 が、この 雑貨やさんめぐり が意外と難しい事が判明しました。 よくお勧めされるのは、通称「ウィークエンドマーケット」。 週末のみ開店しているそうで、非常に大きな市場みたいな感じ。 その中が小さく分けられていて、ごちゃごちゃっっとした中にいろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイで売っている日本食

行く前に、周りの人に 「お土産って何がいいんですか?」と聞いたら、「タイは日本食品、何でもあるからね~」と言われてた。 確かに、何でもあった。醤油・味噌・塩・わかめにモズクに納豆・・・・。 でも、あるんだけど全部めちゃくちゃ高い 納豆なんて3パックで400円。どんべぇも300円 ビックリするぐらい高い。 もち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ことば

タイは タイ語 を使います。 この、タイ語全くわかりません・・・。 まだフランス語とドイツ語など西洋系のお国の言葉であれば無理やり英語読みして、雰囲気で理解もし地名も覚えるんだけど、タイ語はちっともわからない。 まるで象形文字みたいです・・・。 読みは不可能。。。。覚えた言葉は さわでぃーかー(こんにちは) と こーぷ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しかったタイ旅行

ケガを押して行ったタイ旅行。非常に楽しい旅行でした。 何時もは「行ったら遊ばないと損!!!」って感じで早朝から夜遅くまでめいいっぱい遊ぶんだけど、今回は足も悪いし友人宅に滞在していたこともあったので、非常にノンビリとした旅行になりました。 自分の思いで残し&もし今後タイへ行く人の参考になれば・・・って感じでポイントだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more